HyperScapeの推奨スペックとおすすめのゲーミングPCまとめ

HyperScapeの推奨スペックとおすすめのゲーミングPCまとめ

こんにちは。とっかです!

 

新作のバトロワ系FPS「ハイパースケープ」のPC版がリリースされましたね!

PS4版とXbox Oneでもリリースされるようですが、待ちきれない!という方や、やっぱりFPSはマウスでプレイしたい!という方向けにハイパースケープにオススメのコスパの良いゲーミングPCを紹介したいと思います!

 

 

PC版ハイパースケープの必要最低スペックと推奨スペックは?

最新のバトロワなだけあってPCスペックもかなり必要になってくる…と思いきや、むしろこんなに軽くていいのか!?というレベルです。

 

UBIの公式サイトにもこのように書いてあります↓

「PCのスペックにかかわらず、なるべく多くの人に『ハイパースケープ』へ参加してほしいという考えのもと、本ゲームはさまざまなハードウェアでプレイできるように開発・最適化されています。」

 

つまり、ハイパースケープさえ動けば良い!という目的でゲーミングPCを買うなら普通よりも安く済むという訳です。

 

 

必要動作環境

最低スペック(低画質設定/1920x1080)・60FPS
CPU Intel Core i3 3220 or AMD FX-4130
グラボ Nvidia GTX 660 or AMD Radeon HD 7870

低画質設定とはいえ、この程度の性能のパーツで60FPS出せるということは滅茶苦茶軽いゲームだと言って良いでしょう。

 

ドスパラの一番安いゲーミングPCですらこの最低スペックの水準を大幅に上回っており、ハイパースケープを起動するだけならゲーミングPCじゃなくても動くレベルです。

 

 

推奨スペック

推奨スペック(高画質設定/1920x1080)・60FPS
CPU Intel Core i7 4790 or AMD Ryzen 5 1500X
グラボ Nvidia GTX 970 or AMD Radeon RX 480

高画質設定で60FPS出る推奨スペックはこちら。

 

このくらいの性能なら低画質設定にすれば144FPS以上出せるので、ガチでFPSがしたいという方はここが最低ラインです。

 

 

ハイスペック環境

ハイスペック(最高画質設定/4K)・60FPS
CPU Intel Core i9 7900 X or AMD Ryzen 5 PRO 3600
グラボ Nvidia 2080Ti or AMD Radeon RX 5700 XT

4Kのモニターの最高画質設定で60FPS出るモンスタースペックです。

 

といっても、CPU・GPU共に市販されている物では最高レベルのパーツなので、そりゃそうかな…という感じです。

 

ハイパースケープを映像美目当てでやる人は少ないと思うので、このスペックのゲーミングPCははっきり言って過剰ですね

 

PUBGやApex Legendsなど他の重たいFPSや、マイクラで影MODを入れて144Hzや240Hz出したい!というコアゲーマー向けになるでしょう。

 

 

ハイパースケープの為にゲーミングPCを買う時の判断材料

①144FPS以上出せるPCかどうか?

これはハイパースケープに限らずですが、動きの速いFPSで一番重要になってくるのは「フレームレート」の違いです。

 

普通のモニターは60FPS(1秒間に60コマ)描写出来ますが、144Hzのゲーミングモニターなら1秒間に144コマ描写することができるので、よりなめらかに見えて敵を狙いやすくなります!

 

そんな細かい違いが人の目で分かるのか!?と思うかもしれませんが、ハッキリと分かりますし、撃ち合いの強さにも強く影響してきます。

どのくらい違うか?についてはこちら→「60Hz」VS「144Hz」ゲーミングモニター比較。本当に違いは分かるのか?

 

この違いは体感してみないと分かりにくいかも知れませんが、実際にFPSのプロゲーマーのほぼ100%が144Hz以上のモニターを使っているのが何よりの証拠ではないでしょうか?

 

ハイパースケープは特にキャラクターの動きが素早いゲームなので、60FPSと144FPS以上では普通のFPSよりも一段とデバイス面での差が開いてしまうでしょう。

 

つまり、少なくとも低画質設定で144FPS以上出せるゲーミングPCかどうか?というのが1つの目安になってきます。

 

 

②他のゲームもやる可能性があるか?

公式にもある通り、ハイパースケープは最近のPCゲームの中でもかなーり軽い部類です。

 

つまり、必要最低スペックギリギリに合わせてしまうと他のゲームがまともに出来ないことも…

 

絶対にハイパースケープ以外やらない!UBIソフト最強!UBIソフト最強!!という人でもなければ、少し余裕をもって考えるのがオススメです。

 

 

ハイパースケープにオススメのゲーミングPC

以上を踏まえた上で、ハイパースケープに最適なコスパの良いゲーミングPCを紹介したいと思います。

 

 

「Lightning AT5」: 144FPS

スペック 仕様
CPU Ryzen 5 3500
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ DDR4 16GB
SSD 500GB
HDD 無し
電源 550W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 約89,980円(+税) 最新の価格はこちら

言わずと知れたドスパラで一番人気の「ガレリア RT5」と同性能の別モデルです。

 

「ガレリア RT5」と「ライトニングAT5」の違う点は、

「ライトニングAT5」のほうが約1万円安い
「ライトニングAT5」にはキーボード&マウスが付属している
・「ライトニングAT5」のほうが納期が速い

上記の通りです。

 

「ガレリア RT5」は在庫切れ状態が続いているのでそもそも手に入らない事も多く、、2020/07/27日現在では「ライトニングAT5」のほうがコスパ・納品速度など全てにおいて優れていると言えるでしょう。

 

肝心のスペックは最高画質で平均60FPS以上、低画質では平均170FPS以上出るので、むしろ低画質・144Hzモニターでプレイするならオーバーなスペックかな?という感じです。

 

じゃぁなんでこのライトニングAT5を一番にオススメしたかと言いますと、現在人気のバトロワ系TPSやFPSのゲームのほとんどが144FPS以上で遊べるからです。

例↓
・フォートナイト
・Apex Legends
・PUBG

・R6S
・ヴァロラント

などなど・・・

 

4kモニターや高画質では流石にムリですが、低画質の設定にすればほとんどのゲームが144FPS以上出るので、今後しばらくは144Hzモニターが腐ることが無いという大きなメリットがあります。

 

今はハイパースケープ以外興味ないわ!と思っていても、ちょっとでも他のゲームに興味があるならこのくらいのPCが値段と性能を考えたら最強のモデルと言えるでしょう。

 

 

 

「Lightning AH5」:60FPS

スペック 仕様
CPU Ryzen 5 3500
グラボ GeForce GTX 1650
メモリ DDR4 8GB
SSD 500GB
HDD 無し
電源 450W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 約69,980円(+税) 最新の価格はこちら

ドスパラのおすすめゲーミングPCで一番安く買えるのがこの「ライトニング AH5」です。

 

これも先ほどと同じくハイパースケープにはむしろ十分すぎるスペックで、フォートナイトなどほとんどのゲームが60FPS以上は出せます。

 

ですが最初にも言った通りFPSやTPSなど視点が大きく動くジャンルのゲームでは、60Hzと144Hzで大きな差が出てきます

 

なので、不利なのは分かっててもPCとマウスでゲームがしたい!という人やMMORPGや無料のPCゲーなど、とにかくPCを使って色々やりたい!という人向けのゲーミングPCになるでしょう。

 

 

あとは60Hzモニターは144Hzモニターに比べてちょっと安いのでその分も浮きますし、値段が安いのが一番のメリットのモデルです!

 

 

「GALLERIA XA7C-R70S」:240FPS

スペック 仕様
CPU Core i7-10700
グラボ GeForce RTX 2070 Super
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB
HDD 無し
電源 650W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 約169,980円(+税) 最新の価格はこちら

ドスパラでおすすめゲーミングデスクトップランキングの1位のモデルです!

 

こんな人にオススメのゲーミングPCです↓

・240Hzモニターを使ってハイパースケープがしたい!

・動画撮影や配信をしながらゲームがしたい

・4Kモニター高画質でゲームがしたい

などなど…

 

ぶっちゃけハイパースケープだけならこんなにスペックは要りませんが、基本的には何でもできるので今後もPCゲーなどをやっていくなら迷ったらこれでOKです。

 

今後数年間くらいはほとんどの新作ゲームで144FPS以上出せると思うので、将来的に見たら安上がりになることもあるでしょう。

 

 

まとめ

以上、ハイパースケープにオススメのゲーミングPCについてでした!

 

ハイパースケープは古いパソコンでも動くように軽く作られているものの、やっぱりゲーミングPCを買うとなったら安い買い物じゃないので他のゲームもちゃんと動く水準のものをオススメさせてもらいました!

 

参考になれば幸いです。