LoLにおすすめの安いノートパソコン3選

  • 2022.03.05
  • LoL
LoLにおすすめの安いノートパソコン3選

こんにちは、LoL歴10年とっかです。

 

最近出かけた先でLoLしたいな~という場面が多くて安いノーパソ欲しいなと思ってたところなので、自作PCの経験もある管理人が、

 

・LoLにおすすめの安いノートパソコン

・ゲーミングノートPCを選ぶときの判断材料

 

などを紹介していきたい思います。

 

必要スペックはかなり低い

LoLは10年以上前にリリースされたゲームなので、要求されるスペックは思ったよりも低いです↓

必要動作環境(最低ライン) 推奨動作環境
CPU Intel: Core i5-750 Intel: Core i5-3300
メモリ 2GB 4GB
空き容量(ストレージ) 12 GB HDD 16GB SSD
GPU(グラボ) NVidia: GeForce 9600GT NVidia: GeForce 560
AMD: HD 6570 AMD: Radeon HD 6950
Intel: Intel HD 4600 Integrated Graphics Intel: Intel UHD 630 Integrated Graphics

公式の推奨スペックは上記の通りです。

 

ちょっとパソコンに詳しい人ならすぐに分かると思いますが、オンラインゲームの中ではめちゃくちゃ軽い部類に入るということですね。

 

 

個人的に考える必須条件

ということでゲームを起動して動かすだけなら数万円のノートパソコンでも大丈夫です。

 

ただし最高な環境でプレイ出来るかどうか?と聞かれたら話は別で、いくつか満たしておかなければいけない条件みたいなことを解説していきたいと思います。

 

①ストレージがSSDであること

ゲームを起動した後はHDDとSSDで大きな違いはありませんがPCの電源を入れてから立ち上がるまでの速度であったり、ゲームのインストールやロードの速度などいろんな部分で差が出てくるのでSSDが断然おすすめです。

 

また、SSDの仕組み的にHDDよりも発熱量が抑えられるというメリットもあります。

 

デスクトップ型パソコンと違ってノートパソコンは排熱が難しいのでストレージがSSDであることは個人的には絶対条件の1つですね。

まぁ最近のパソコンはゲーミングPCじゃなくてもほとんどSSDを搭載してますが一応覚えておくと良いでしょう。

 

 

②100Hz以上(出来れば144Hz)出ること

Hzというのは1秒間にどれだけ映像が表示されるか?という数値のことです。(基本的なモニターは60Hzで動いてます)

60Hzなら1秒間に60回コマ、144Hzなら144回映像が更新される…という単純なものですね。

 

具体的な違いは以下の通り↓

・マウスカーソルや映像がなめらかに動いてるように見えるので目の疲労が激減する

・敵が打ったスキルショットに素早く反応出来る

・AIMが良くなる

などなど。

 

144Hzのモニターを使ってゲームしたことが無い人はあまり重要視しませんが、一度使ってみるともう二度と60hzには戻れないという意見が多いです。

僕個人的にもそう思います。

 

ノーパソで映画やアニメしか見ないという人はともかく、LoLやFPSをやる人は100Hz以上(できれば144Hz)のモニターを搭載しているかどうか?が重要になってくるでしょう

 

 

③他のゲームもちゃんと動くか?

LoLなどのMOBA系オンラインゲームだけならめちゃくちゃ軽いので数万円のパソコンでも動かすことは出来るでしょう。

 

ですが、どんなLoL中毒者であってもやっぱりApexやFF、タルコフなど比較的重たいゲームをしたい!と思う日はきっと来ます。

 

そんな時"LoLが最低限動くレベル"のパソコンだと後悔してしまう可能性があるんですね。

 

これは実体験ですが、あまりにもLoLにハマりすぎてて大学にもノートパソコンを持って行って休み時間にずっと遊んでたことがありまして(笑)

その時はLoL以外のゲームに興味が無かったので7万くらいのを買った覚えがありますが、ちょっと前に「PUBG」が大流行しましたよね?

そこで僕もやってみようと思ったのですが、7万円のノートパソコンじゃてんで動かずに結局買い替えたという記憶があります。

 

ノートパソコンの場合はグラボなどのパーツを簡単に付け替えるという訳にもいかないので、他のゲームもやるつもりがあるなら考える必要があるでしょう。

 

 

LoLにおすすめの安いノートパソコン

上記の内容を踏まえた上で、LoLにおすすめのノートパソコンを安さ・コスパ重視で紹介していきたいと思います。

 

ASUS TUF Gaming F15

スペック 仕様
CPU インテル Core i5-10300H
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ DDR4 8GB
SSD 512GB
バッテリー駆動 約 8.3 時間
値段 約99,000円 最新の価格はこちら

ストレージはもちろんSSDで、CPUとグラボもちゃんとしてるのでLoLはもちろん問題ありません。

 

ディスプレイにも144Hz対応のものが搭載されているので、LoLやVALORANTなど比較的軽いゲームなら144FPSで遊ぶことが出来ます。

 

また、排熱ファンの構造もしっかりと熱を逃がせるような作りになっていて長時間の使用でも耐えられるので安心ですね。

 

ゲーミングノートとしては一番安い価格帯ですが、LoLにとっては最適なモデルと言えるでしょう。

 

ちなみに色々調べてみたんですが、この低価格帯で144Hzモニターを搭載してるノーパソはほぼ見当たらなかったので「10万円以下で144Hz」の条件であればこれ1択なのかなと思います。

 

 

 

MSI GF63

スペック 仕様
CPU インテル Core i7-10750H
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB
バッテリー駆動 約 7.0 時間
値段 約138,800円 最新の価格はこちら

CPUグラボ共に文句なしのゲーミングPCです。

メモリも8GB→16GBになっているのでゲームしながら配信をしたりすることも出来るスペックですね。

 

デスクトップのゲーミングパソコンと比べても何ら劣るとこが見当たらないので、コスパ最強のゲーミングノートと言っても過言ではないでしょう。

 

「絶対にLoLだけしかしないよ!」という人にとっては過剰なスペックですが、Apexやタルコフなどちょっと重めなゲームもやりたいなら1番おすすめのモデルです。

 

 

ASUS TUF Dash F15 FX516PM

スペック 仕様
CPU インテル Core i5-11300H
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB
バッテリー駆動 約 13.6時間
値段 約147,172円 最新の価格はこちら

上記の「MSI GF63」と比べるとCPUの性能がほんの少し落ちていますが、グラボの性能がRTX3050→RTX3060に上がっており、更にゲーム性能を重視した形になってますね。

 

CPUの性能はLoLとかのMOBA系では過剰なくらいなので全然問題はありませんが、グラボの性能が上がった分値段も約1万円増えています。

 

Apex、PUBG、タルコフなどの3Dゲームなどもやる予定がある人にとっては総合的に見たコスパは最高レベルに高いのでCPUを重視するのか?グラボを重視するのか?で選ぶと良いでしょう。

 

 

まとめ

以上、LoLにおすすめのゲーミングノートPCについてでした。

 

まとめると、

・LoLしか興味がなく、10万円以下の安いPCが欲しいなら「ASUS TUF Gaming F15

・比較的重たいApexなどのゲームや、動画編集・配信活動でも使いたいなら「MSI GF63

・とにかくゲームの性能が高いマシンが良いなら「ASUS TUF Dash F15 FX516PM

ということでした。

 

今回紹介したのは全部144Hzモニターで駆動するやつなので、ノーパソだからといってデスクトップのゲーミングPCに劣るとことはないということですね!