Steamでコントローラーを使う方法と感度設定など

Steamでコントローラーを使う方法と感度設定など

先日GRID2というSteamのレースゲームが期間限定で無料キャンペーンをやっていたのでダウンロードしてみたのですが、キーボードではやりにくいのでコントローラでやろうと思ったら設定がややこしかったのでSteamのゲームでコントローラーを使う方法や感度設定などをメモっとこうと思います。

 

Big Pictureでコントローラを認識させる

まずはSteamの右上にある⇔マークをクリックしてBig Pictureモードを起動して下さい。

 

その後歯車マーク→コントローラ設定と進みます。

 

そこでご自分で使っているコントローラをPCに差してみると検出されるはずです。

PS4のコントローラを使ってる方などはPlay Station 4コントローラーとして検出されるはずなので各自対応した設定サポートにチェックを入れて下さい

 

純正のコントローラーではなく、Elecomなどのパッドを使っている方は以下で設定します

 

 

コントローラーの設定

コントローラーの認識は出来たけど、使っているデバイスと違う名前で認識されていたり、ボタンの配置がおかしくなっている場合はこちらで設定します。

 

「検出されたコントローラ」の欄に出てきた自分のコントローラを選択して「レイアウトの決定」をクリック。

するとこのような画面になるので、ボタンの部分をクリックor「Enterキー」を押してから、左側のコントローラの図が光っている場所と同じ位置にあたるボタンをコントローラ側で押してください。

 

全て終わって「セーブ」を押すと「このコントローラの設定を共有しますか?」という画面が出てきます。

もちろん共有はしないので「遠慮します。」の方を選択するのですが、その前に「コントローラのタイプを選択」してから押してください。

 

多分検出された時にちゃんと認識されているとは思いますが、自分が使っているコントローラーとは違うものとして認識されていた場合はここで治しておきましょう!

 

先ほど言ったElecomなどをお使いの方は「一般的なゲームパッド」を選択して下さい。

 

 

終わったらもう一度自分が使っているコントローラーの設定サポートのチェックが入っているかどうか確認しておきましょう。

 

 

ゲーム側の設定

Big Pictureでの設定が終わったらそのままBig Picture側のライブラリからゲームを選択してプレイをして下さい。(今回はGRID2の例で紹介します。)

 

ゲームが起動したらオプション&エクストラが選択出来る画面まで進めて、オプション→コントロール→プリセット選択で「XBOX 360 コントローラ」プリセットを選択します。

 

それで一度ゲームをプレイしてみて違和感無く出来ればOKですが、純正の箱コンじゃない人はそのままだとまともに出来ないのでボタン配置を個別に設定しなおす必要があります。

 

コントロール設定画面で変更したいアクションを選択してから対応させたいボタンを入力してボタンの配置を変更して下さい。

 

以上で大まかな設定は終了です。

 

 

感度調整

レースゲームやFPSなどはやはり微妙なカーブやアクセル操作の感度を調整したいですよね?

 

その場合はBig Pictureのライブラリ→ゲームのタイトル→ゲームを管理→コントローラ設定

で調整します。

 

※この時に「設定サポートが無効」と出てきた場合はさっき設定した自分のコントローラに対応する設定サポートにチェックが入っているかどうか確認してください。

ちゃんと出来ているのにこれが出てくる場合は、コントーラーの抜き差しをした後にコントーラーのジョイスティックを動かすとか何かボタンを押すとかしてみて下さい。

 

「コントーラー設定」を押すとこのような画面が出てきます↓

 

私は右ジョイスティックで左右に曲がる操作をしているので「ジョイスティック移動 右スティック押し」の枠をクリック。

 

すると入力スタイル・出力・クリックアクションなどの設定項目が出てきますがこれは無視して、右下にある「追加設定」をクリックするとジョイスティックの感度が調節出来ます

 

デフォルトではリニアですが、色々プリセットがあるので自分好みの感度カーブを設定すると良いでしょう。私はなるべくなめらかにカーブさせたいので「エクストラワイド」に設定していますが、「カスタムカーブ」で更に細かく設定出来るので是非色々試してみて下さい!

 

アクセルなどの感度を調整したい時も同じ要領で設定して下さい。

 

 

以上でコントーラーの使い方、感度設定の方法を終わります。_(._.)_

 

ちなみにBig Pictureモードを終了する時は右上の電源マークから「Big Pictureを終了」で戻れます。