ApexにオススメのゲーミングPCまとめ【コスパが良いパソコン4選】

ApexにオススメのゲーミングPCまとめ【コスパが良いパソコン4選】

こんにちは。とっかです。

 

先日書いた記事→【Apex】低スペでも直接ファイルを設定して最大限に軽くする方法【FPSブーストガイド】

 

が思ったよりも好評で、PCのスペックに困っている人が多そうだったので今回はゲーミングPCについてご紹介したいと思います。

ApexにオススメのゲーミングPC

それではおすすめのゲーミングPCをご紹介したいと思いますが、基本的に一番大事なパーツは「グラフィックボード」なので、特に気にして見ると良いでしょう。

 

 

ちなみにApexはサービス開始から1年ほど経ってるので、どの程度のスペックならどのくらいのパフォーマンスが出せるのか?についてハッキリとしています。

 

なので今回は60FPS/144FPS/240FPSに分けて、一番コスパが良いゲーミングPCをご紹介していきたいと思います

 

(なぜ60/144/240なのか?については、単純にゲーミングモニター側でそのように区切られている事が多いからです。)

 

 

「GALLERIA DC」:60FPS

スペック 仕様
CPU Core i3-9100F
グラボ GeForce GTX 1650
メモリ DDR4 8GB
SSD 250GB
HDD 無し
電源 500W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 最新の価格はこちら

 

ドスパラで一番安く買えるゲーミングPCがこの「ガレリア DC」です。

その分性能もそれなりといった感じですが、Apexなら60FPSで安定して動かすことが可能です。

 

ちょっと懸念すべき点として、SSD:250GB、HDD:無し。

となっているのでストレージの容量が心配です。

 

一番安いモデルだけあって必要最低限のパーツ構成ですが、流石に250GBだけだとゲームも数個しかインストールできないのでアップグレードしておくのがオススメですね。

 

商品ページの「構成内容を変更する」を押せばたった+3000円でSSD:500GBになるので、最低でもこれだけはやっておくと良いでしょう。

 

動画なども保存しておきたい人は、+6000円で1TBのHDDも付けられます。

 

 

「GALLERIA RT5」:60FPSド安定。設定を下げれば100FPS以上

スペック 仕様
CPU Ryzen 5 3500
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ DDR4 16GB
SSD 256GB
HDD 1TB
電源 500W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 最新の価格はこちら

初めてのゲーミングPCならこのくらいから妥協点としてはアリでしょう。

 

Apexなら60FPSは余裕で安定するくらいの性能はあります。

 

画質設定を下げれば常時144FPS安定とまではいかなくても、144Hzモニターを腐らせることはないレベルですね。

 

グラボ以外のパーツもそれなりの物が積んであるので、値段から見たコスパならガレリアBTOパソコンの中でも1、2位を争う非常に優れたモデルです。

 

 

「GALLERIA XF」:144FPS

スペック 仕様
CPU Core i7-9700K(無料アップグレード中)
グラボ GeForce GTX 2070 Super
メモリ DDR4 16GB
SSD 500GB(無料アップグレード中)
HDD 2TB(無料アップグレード中)
電源 650W 静音電源(80PLUS BRONZE)
値段 最新の価格はこちら

ここからは文句無しのゲーミングPCと呼んで良いでしょう。

 

Apexではもちろん、他の重たいゲームなどでもほとんど144FPS以上出せる性能です。

 

ガレリア製品の中で人気NO.1の商品でもあるようなので、迷ったらこれでOK

 

唯一の難点として、このCPU・グラボの性能にしては電源ユニットが「650W (80PLUS BRONZE)」と、少し不安が残ります。

 

あんまり電源を重要視してる人は少ないですが、僕は1年くらいで電源がぶっ壊れてしまった経験があるのでPCを買う時に割と気にするポイントです。

 

こちらも商品ページの「構成内容を変更する」からパーツごとにアップグレード出来るので、電源だけでも交換しておくのがオススメです!

・玄人志向 700W 静音電源 (80PLUS TITANIUM)
・Seasonic 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

これくらいあると安心ですね。

 

 

「GLLERIA XG」:240FPS

スペック 仕様
CPU Core i7-9700K
グラボ GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB
HDD 2TB
電源 SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
値段 最新の価格はこちら

上記の「GALLERIA XF」とほぼ同じですが、グラボが現在のハイエンドモデル「RTX 2080 SUPER」を搭載しており、240Hzモニターでも動かせる最強に近いゲーミングPCです。

 

これ以上のスペックのモデルもあるにはありますが、ぶっちゃけ値段の上がり方が性能に見合ってない感じなので、コスパで見たら実質これが最高のゲーミングPCと言って良いでしょう。

 

 

CPUのボトルネックについて

基本的にゲーミングPCで重要なのはグラボと先ほども言いましたが、CPUの性能が悪いとグラボがどんなに良くても本当の力を発揮できない(ボトルネック)現象がおきてしまいます。

 

なのでCPUもハイスペックにこしたことはありませんが、Apexの場合は他のゲームと比べてかなりCPUの敷居が低いことで知られています

 

流石にバトロワ系なだけあってグラボはそれなりのスペックが必要になってきますが、CPUはそこまで気にしなくて良いということです。

 

もしApexのために自作PCを組む予定があるなら覚えておくと良いでしょう!

 

 

なぜゲーミングPCが必要なのか?

これを見ている方はPS4版Apex Legendsをやってる人が多いと思うので、なぜPS4は数万円なのにゲーミングPCは10万円以上もするのか?

といった疑問があるかと思います。

 

それはズバリ、144Hzや240Hzモニターで動かすために高スペックのマシンが必要になってくるという訳です。

 

フレームレートを簡単に説明すると、普通のモニターは60Hzなので1秒間に60コマ描写されるという意味です。

144Hzモニターなら144回、

240Hzモニターなら240回です。

 

つまり、144Hzで動かすということは1秒間に60フレーム描写する普通のモニターと比べて、単純に2倍以上の負荷がかかるのでゲーミングPCの値段も倍以上になってしまうという訳ですね。

 

 

普通のモニターや、テレビ、スマホ、映画館など、映像を表示する物は色々ありますが、恐らく60FPSを超える映像は今のところゲーミングモニターでしか見ることは無いと思うので、144Hzモニターの必要性もピンと来ないと思いますが...

 

それについて詳しくはこちらで解説しています→60Hzモニターと144Hzモニターはどのくらい違うのか?

 

簡単にまとめると、

・FPSにおける60Hzと144Hzは天と地ほどの差がある

・特に近距離での戦いに圧倒的に強くなる

といった違いがあります。

 

 

ダイヤモンドランク以上の上級者はほとんどのプレイヤーが144Hzモニターを使っており、そんな中普通の60Hzモニターで戦うのはハンデを背負ってプレイしてるようなものです。

 

※もちろん、「とにかくマウス&キーボードでプレイしたいんじゃー!」ということなら、PS4と同じ60FPS出るPCを買えば良いだけなので、値段もそんなにかかりません。

 

 

しかし、クロスバイクを買って自転車デビューした人が必ずロードバイクが欲しくなってしまうように、60FPSでデビューしたPCゲーマーも必ず144FPSの世界が見たくなってしまうのです。

 

なので最初にある程度のスペックのPCを買ったほうが結果的に安上がりになることが多いのでオススメです。

 

 

まとめ

以上、簡単ですがApex LegendsにオススメのゲーミングPCについてでした!

 

注意点としては、

・144Hzや240Hzはゲーミングモニターじゃないと描写できないので別途買う必要がある(普通は60Hzモニター)

・マップのポイントなどによって出せるFPSは大きく変わります。例えば・室内(軽い)・水辺(重い)・見晴らしの良い場所(重い)・他プレイヤーが多い所(重い)

 

上記の通りです。

 

 

っぱりFPSにおいてマウスは非常に重要なので、PCを揃えた後は自分に合ったマウスを探す旅に出ましょう!

【2020年最新】FPSにおすすめのゲーミングマウス【人気ランキング】