【Subnautica】簡単倉庫の作り方【最低限の物資で作れる!】

【Subnautica】簡単倉庫の作り方【最低限の物資で作れる!】

こんにちは。とっかです!

 

このゲームで一番簡単に作れる倉庫は「防水ロッカー」ですが、容量が狭い上に水中に浮かんでるだけなのですぐ動いちゃうなど、非常に使い勝手が悪いですよね?

 

そこで今回は、最低限の物資で作る「簡単基地倉庫」の作り方をご紹介したいと思います!

 

 

簡単基地倉庫の作り方

まず用意するのは、ビルダーです。

これを作ったら、あとは序盤で手に入る物資しか使わないのでいつでも作れるようになります!

 

基本的な構造は、I型通路モジュール

に、出入り口「ハッチ」と発電装置「ソーラーパネル」を設置して、中に壁掛けロッカーをペタペタと貼り付けていくだけです。

 

 

簡単基地倉庫の材料

・I型通路モジュール [チタニウムx2]

・ハッチ [石英x1、チタニウムx2]

・ソーラーパネル [石英x2、チタニウムx2、銅鉱石x1]

・壁掛けロッカー [チタニウムx2]

 

合計[チタニウムx8、石英x3、銅鉱石x1]

 

チタニウムは金属クズを集めてファブリケーターでチタニウムに分解したり、石灰岩を砕くと確率で手に入ります。

銅鉱石も石灰岩を砕くと確率で手に入ります。

石英は主に洞窟などに生えています。

 

全部最序盤から手に入るアイテムなので、困る事はないでしょう。

唯一、石英だけちょっと見つかりにくいかも知れませんが、リスポーン地点から離れてみると割と見つかることが多いです。

 

 

簡単基地倉庫の使い方

材料が揃ったら先ほど言ったように設置して、中に壁掛けロッカーを貼り付けていくだけです。

チタニウム2個で追加でロッカーを置きまくれるので、もう荷物置き場に困る事はなくなるでしょう。

 

 

ちなみにロッカー以外にも改造ステーションやバッテリー充電器など、大抵の内装モジュールを設置することができます。

スペースが足りなくなったらまたI型通路モジュールをつぎ足せば拡張できます。

 

電力が足りなくなったら、ソーラーパネルも追加で設置すればOKです。

 

 

以上、簡単な倉庫の作り方でした!